「N2-5課」カテゴリーアーカイブ

N2完全マスター5課、~に限り、教案 

N2完全マスター5課「~に限り」

■まずは例文づくり。
ランダムに挙げていくのとテキストの例文を簡略化してみます。

・1730から1800に限り、半額セールをします
・留学生に限り、安く買えます。

・チケットを持っている人に限り、商品を1割引にします。
・大きいけがの人に限り、夜も病院へ行くことができます。
・商品の交換は、未使用の場合に限り交換します。
・13日の金曜日に限り、無料で入れます。
・子どもに限り、おもちゃをプレゼントします。
・女の人に限り、女性専用電車に乗れます。

※車を止められるのは、許可をもらっている人(×限り、○だけ)です。
「限り」の後ろには、その条件を満たす人に対する恩恵の文が通常来る。
なので、上の文では「限り」を選択することはできない。

■だけ、しか

「~に限り」の復習として「だけ、しか」が挙げられています。
まずは「だけ」を見てみます。

「だけ」はみん日11課、またN4完全マスターの2部4課、
N3完全マスターAに出てきます。
例文を簡略化すると、

・わたしの友達はAさんだけです。
・すしは日本だけの食べ物ですか。
・紙を1枚だけください。
・すみません。5分だけ待ってください。
・ときとき夫婦だけで旅行します。
・コーヒーにはミルクだけ入れます。砂糖は入れません。
・注文は料理だけでいいですか。飲み物は要りませんか。
・わたしだけ違うアルバイトをしています。
・日本の食べ物はほとんど好きですが、うめぼしだけは食べられません。
・わたしは動物は好きだが、犬だけは苦手です。
・先生にだけ本当のことを話しました。
・先生だけ知りません。
・聞くだけの授業はいい授業ですか。
・今日は見ているだけで、何も買わなかった。


・漢字だけでなく、文法も難しい
・このアニメは子どもだけでなく、大人の人も見ます。

「に限り→だけ」は交換できますが、
「だけ→に限り」については変換できないことが多いようです。
下記の文だけ交換可能になっています。

・このごみ箱は紙のごみだけ入れてください。カンは入れないでください。

「だけ」の後ろに「条件を満たす場合の恩恵が来る」文です。
恩恵というとこの場合は変ですが、
「その条件の場合にだけ適用されるケース」ということになると思います。

さてこれをどのように導入していきましょうか。

・興味深く
・普段の場面でも使える
・試験に直結する「だけ、に限り」の紹介

この辺を意識して作ってみます。